「インフレ目標政策」をご存知でしょうか?

 

2000年頃からデフレ防止として

「インフレ(物価水準の継続的な上昇)を目標とする金融政策」

が動き始めました

 

そして

アベノミクスでは、「2%のインフレ目標」を掲げ

そのために「無制限の量的緩和(通貨供給量の拡大)」が行われています

 

通貨が大量に供給されることによって

お金の価値は下がります

 

過去にジンバブエという国でハイパーインフレが起き

大量に刷られた紙幣がゴミのように扱われていました

 

「2%のインフレ目標」ということは

物価が年間2%ずつ上がっていくことを目標にしているということ

 

それが実現すれば

年間2%ずつお金の価値は下がっていきます

 

では日本のお金の預け先として

年間2%以上に殖やしてくれる預け先はあるでしょうか?

 

単年ではあるでしょう

しかし10年20年と長い目で見た時にはどうでしょうか?

 

ないと思います

 

ということは

年2%ずつ資産価値が減っていくということ

 

1000万円ある資産も

30年後には約557万円まで価値が下がります

※お金の枚数は減りませんが価値は下がります

 

有名なノーベル財団※では

※アルフレッド・ノーベルの遺言により作られた、ノーベル賞を主催している財団

 

「インフレを考慮した年利3.5%以上を最低限の運用ノルマを目標」としている

おそらく5.6%〜6%程を目標利回りにしていることが予想できる

 

このように我々もインフレを考慮するという考えを大前提持って

資産管理・運用などをしていかなければならない

 

皆さんのお金の預け先の利率は何%でしょう?

そしてその利率からー2%すると・・・?

 

資産運用にインフレ対策はかかせません

お気軽にお問い合わせ下さい